長女をついに歯医者に連れて言うときの部分

5歳になるこどもに、ようやく虫歯ができてしまったので、歯医者に行くことになりました。

ウェイティングルームには、キッズ事柄におもちゃやDVDがあったので、上述で面白く遊んでいたのですが、現に診察室に入る時折。こどもの形相が強靭に固まっていました。

取り敢えず、マミーの歯科助っ人の方が来てくれて、診察テーブルに寝転がって口の中央を見て貰いました。遠目から見ても、懸念でこどもの唇が渇いているのが分かりました。歯科助っ人様が「ええ。コチラね。虫歯になってるねー」と手厚く言いました。が、その字をきいたとたん、こどもはいまや半泣きだ。

教員がやってきて、「いまだに乳歯ですし、デフォルトプラグインなので、押さえ付けるだけにしますね。穴埋めはしません。削って歯石を取った残り、フッ素を塗って終わりますね」ってメンテナンスをいよいよくれました。

こどもは涙目でわたくしをみて「やめて」と訴えていましたが、打ち切る考えにもいかないので、ずいぶん心苦しくなりました。削っている時は、拳固を握っていたのですが、最初はごつく握りしめていた拳固も、段々慣れてきたのか、スキルも弱り、最後には拳固を放していました。

メンテナンスが終わってこどもは「削り取るのって痛くないね」と言っていました。それを聞いてわたくしはホッとしたのですが、そのあと、教員から「依然小学生低学年ほどまでの虫歯は親の役割ですよ。とっくり磨きやつの指南を通して、仕上げ磨きも丁寧にしないとダメですよ。」と言われてしまいました。食事と生活習慣を見直し、姿勢を正せば大きくなれる?