「受胎は病魔じゃない」から心がけなきゃいけないんですね。

最近何とかつわりが収まってきました。ベビーを授かるって正に楽しいことだけど、つわりがあったりだるかったりもして、しんどいこともありますね。

たまたま私の傍は夫もショップの方も、いたわっていただける方が多くて助かってます。未だに腹が目立たないから見た目ではわからないけど、そういった旬こそ注意するようにってお医者さんに言われているので、とても助かります。

そういえばおめでたがわかったら傍らが教えてくれて、ようやく知ったことがあります。「おめでたは疾患じゃない」というメッセージが、本当はどういうことを言っているかということです。

身は常に「おめでたは疾患ではないのだから、怠けてはいけない」という訳だと思っていました。けれどもそうじゃないんですね。

本当の訳は、「おめでたは疾患と違って薬やオペレーションや静養で直せるものではなく、産む以外にはない。ですから困難はしちゃいけないし、人目も困難させちゃいけない」という訳ですそうです。知らなかった~!!

身は「おめでたは疾患じゃない」って難しいなぁって思ってたのですが、それをきいて「これを言った方、えらいなぁ!」って思いました。と共に、今も昔も周りの分別が得られなかったりして苦労している妊婦さんが多いんだろうな…って。

私も自分で妊娠して思った以上に体躯が難しいことや気を遣うことがあったりして、おめでたや分娩ってこれ程困難んだなぁって遅まきながら思います。不安なこともたくさんあるけど、これからも困難しないように気をつけていこうという、ふたたび思いました。便秘の人は、もっと善玉菌を増やした方が良いです。